『ウタのタネ3』in 大阪城野外音楽堂~ライブレポ~

『ウタのタネ3』in 大阪城野外音楽堂 無事終了!

暑い程の快晴の下、

D-Jewel(今回は7名出演)はもちろんhuman noteメンバが朝から一堂に集結し、

乙女たち(紳士もいましたけど)は日焼けを気にしながら

17時の開演に向けて最終リハ。

歌いながら、「この刺すような日差しが、夕方には和らぐといいなあ。。」と祈っていたら・・・。

なんとまあ!

開場の頃には日差しも和らぎ、そよ風まで吹いていい感じ。祈りって通じるのね。


そしていざ開演!

オープニング曲は、human noteオリジナル曲♪

リーダー寺尾氏のソロボイスが会場いっぱいに響き渡り、高揚感とともにいよいよ始まりました。

【Program】
●human note
    5曲

●Metis's Stage

●Ending Stage
    3曲

Program表 Program裏


human noteのステージが終わっていったん裏に掃けると、

ゲストシンガーMetisさんのステージに裏で聞き惚れつつ、気づけばあっという間にエンディング。

終盤の曲、”青い~青い~”の歌詞にあわせ、

夕刻を狙ってお客様に開封してもらったブルーのペンライト(サイリウム)が、

まだ明るすぎて光って見えないというハプニング?もありつつ、

ステージは無事終了!

冷めやらぬ興奮とともに、800人は舞台裏に掃けたのでした。



ちなみに当日のドレスコードは、ブルージーンズ

human noteはオリジナルのオレンジTシャツ、一般参加の皆さんは、白。

野音のステージにところ狭しと並ぶオレンジ&白、総勢800人の、

力いっぱいのステージは、

来場くださったたくさんのお客様の心に、しっかり届いたでしょうか。


かくいう私(てと)も、

2010年12月の『ウタのタネin大東』の一般シンガーとして

ウタのタネをもらった1人です。

オレンジTシャツを着てステージに立ったのも、今回が初めて。

こうやって、“ウタのある生活の充実”の輪が、少しずつ、少しずつ、

そしてどんどん大きく広がっていく。

なんて素敵なことなんだろうと思います。


ウタも、ヒトも、モノも、バショも、トキも。

出会いって、ほんとうに大切ですね。


あらためまして、

Metisさん、human noteメンバ、一般参加の皆さん、お疲れ様でした!

そして、お客様はもちろん、バンドの皆さん、裏方の皆さん、ありがとうございました!!

                                            (てと)



このステージの様子が、読売テレビで放送されるそうです。

日時等はまだ告知がないのですが、

また分かり次第お知らせします。

お楽しみに!

スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでした

観客席から堪能させていただきました
やはり生演奏はいいですね。感涙&号泣でした。

私の席からは
ちさちゃん、あまちゃん、ぎゅうちゃんの姿が見えました。みんないい表情でしたよ。
位置的にテナーとソプラノのメンバーの姿は見えず残念でした。
それにしてもステージの熱気たるや、野外でもばっちり伝わってきますね。観客席で歌ってましたが、来年はステージに立ちたいです。
Secret

最新記事
プロフィール

D-Jewel choir@human note

Author:D-Jewel choir@human note
大東市を中心に活動しているD-Jewel Choirです
。ゴスペルをベースにした日本語のオリジナルソングを中心に歌っています。DIC21(大東市立文化情報センター)で
月2回、主に平日の午前に練習をしています。
メンバー募集中です。
お問い合わせは
コチラまで、お願いします。

twitter
follow me!
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
NEWS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR